離職しちゃうのって結局はこれなんじゃないかなー。。。

どうもkosukeです。       どの職種でも辞めてしまう社員というのは理由があるのは付き物だと思うんです。  

じゃあ理由ってなんなんだよっ!!

    僕も務めてた時は不満もかももちろんありましたが…まぁそれもいい思い出だし今になってはとっても理解できちゃう笑   それで、きになったんでなんかのサイトから引っ張ってきました笑 転職者100人聞いたらしいですよー。

               離職者理由ランキング


1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

    んーーーーだいたいイメージ通りではないですか?? 多分、理美容業界も同じ感じ。 けど、離職率に関しては理美容業界異常なんですよね。 1年目50% 3年目80%とか…… 恐ろしすぎる…… 確かにこの統計の理由も勿論ですが理美容業界の1番の問題は本質が違うのでは?    

                       世代間のギャップが問題


団塊の世代、リーマンショック世代?、ゆとり世代、さとり?世代とかの特徴って必ずあって、世代間の価値観、生きてきた生活環境ってのは必ずあるはずなんです。 例えば、団塊の世代はカリスマスタイリストが生まれてたメチャクチャ美容師〟というのがフォーカスされてきた世代でそういったカリスマ時代に揉まれてきた人達だから〝経験値〟だったら伝統的な美容文化の〝継続力〟とかはすごいある。 それに踏まえて、さとり、ゆとり世代は〝情報力〟好きな事をやる〝行動力〟というのは長けてるんじゃないかなと… 40~50代の理美容師さん20代の理美容師さんに僕なりに聞いた統計です笑    

                     業界間と世代間の課題


昨今の理美容業界はNo.2がなかなか育たない時代でもあるんじゃないかなーと。 30代~40代のスタッフがいないサロンとか結構多い気がします。 そんな中で中堅スタイリストが辞めちゃうとかスタイリストになるくらいのアシスタントが辞めちゃうとか…自分の会社だったらと考えると本当に恐ろしい… 結局、『最近の◯◯は…』『◯◯さんは自分勝手…』とかで全ての世代が〝自分の色〟 に染めたがるのかなぁーて思うんですよね。 世代間のギャップなんて埋めれる訳ないし、お互いが理解し合うしかない。 一人一人の良い所を引き出して、できないトコを助け合う。  これに限ると思います。 この理美容業界が低く見られてしまってる現状が悔しくて仕方ないんです。 それで少しでもウチでも〝理解し合える〟事が出来たらいいなぁって思って心理学的なのも導入したんですよ。      

『エニアグラム』って知ってます?

9つのタイプに分けて一人一人の個性を生かしてみんなで伸ばしていくって感じです。 「エニアグラム」の画像検索結果 こういうの僕好きなんですよねー笑   めちゃくちゃ勉強したんで知りたい人DM下さい笑     この 『エニアグラム』 をこれからの新入社員には研修としてアンケートがあるのでやってもらい、新入社員の〝良い所〟を引き出しまくります。   こちらがそのアンケート  

エニアグラム90問アンケート

  家族内でやるのも結構楽しいですよ!! 本当におススメです🎶 ちなみに、『そんなの信じないし…』とか『全然当ってない!』とか言う人っているんですがそういうのもタイプとして分かるんですよねー笑 まぁちょっとズレちゃいましたけど、世代だったり一人一人の良い所を引き出して、〝組織〟と〝個性〟が融合できる会社作りしたいですねー。 めっちゃ大変やけど、やり甲斐ある時代ですわ笑         では。

✂✂✂✂お知らせ✂✂✂✂

一緒に働きませんか? 

・美容師

・理容師

・アイリスト

・エステティシャン&シェービニスト

アシスタント、スタイリスト、店長経験アリなどどんな形でも喜んで対応しますのでご連絡下さい。

   

Instagram→kousuke_1921

LINE ID   →kousuke_1921

CALL        →080‐3044‐1921

kosuke segawa

高校卒業した後、地元石川を離れて、単身神奈川へ。 7年の経験を積んで、ひょんなことから東南アジアのベトナムに。。。サロンオープンをを1年目で成功し、2店舗目も任せてもらう。 約3年の海外経験を経て地元石川でプロフェッショナルでユーモアな美容ライフを♬ 1989/9/21 瀬川 耕介

関連

Leave a comment