会社の不満ってこういった所が本質なんじゃないかって思ってます。

どうも金沢美容師kosukeです。 最近、他のサロンの美容師さんから、InstagramのDMとかブログのコメントで相談される事多いんですよ~。 ありがたいです。    

『先輩とウマが合わない』

『先輩が練習をみてくれないからなかなか技術向上しない』

あーあるある笑   これって結局大事な事ってどれだけ 〝ありがとう〟 をどれだけ伝えているかだと思うんです。   先輩とか後輩とか関係なく、もちろん社長でも。 自分の為に少しでも何かしてくれたら 〝ありがとう〟 を伝える。   ・先輩は自分の担当のお客様のアシストをしてくれたら後輩にありがとう〟 を伝えてますか? ・後輩は技術練習を先輩が見てくれた時に 〝ありがとう〟 を伝えましたか?  

当たり前と思ってませんか?


誰だって例え、仕事でもそうでなくても気持ちよく誰かの為にしてあげたいと思いますよ!! この問題については、法律とか会社のルールでは縛れないと思うし、縛りたくない部分でもある。 社長が 〝ありがとう〟 を言えない会社は無理ですが……。 だから僕は簡単に会社を辞めるとか、美容師辞めるとか言って欲しくないんです。 本当に自分の想いを相手に伝えているのか。 もし伝えてないなら、違う会社に行っても環境が変わって多少は良くなるかもしれません。 でも、自分自身の本質は成長しないんじゃないでしょうか。 ぜひ、やるならやりきってほしいし、これは僕自身にもすごーく言える事。 ブログって自分に自問自答してるみたいなものなんですよね笑 明日僕の会社の社員が 『明日辞めて、自分のお店出します。』 と、言われたら 〝今までありがとう〟と素直に伝えれるだろうか。 僕もまだまだ未熟。 もっと社員の事を知る必要があるし、僕自身の事も知ってほしい。   外国人労働者のトピックもそう。 そもそも外国から人材を呼んでる本質は何なんでしょう? 日本に人材がいないから? 外国人が有能だから?   この二つが当てはまるなら、低賃金で待遇も悪いのは異国からきている外国人が文句言うのは当たり前ですよねー。   “ありがとう” の想いを形と態度で伝えるべきだし、専門技術系ならしっかり技術指導をして時刻で活かせるように教育してあげるべき。   じゃないと外国人の受け入れをしても離れちゃいますよね。。。   美容業界はこれからなんで、しっかり与えて、活かしてほしいですねえ~。 では。    

kosuke segawa

高校卒業した後、地元石川を離れて、単身神奈川へ。 7年の経験を積んで、ひょんなことから東南アジアのベトナムに。。。サロンオープンをを1年目で成功し、2店舗目も任せてもらう。 約3年の海外経験を経て地元石川でプロフェッショナルでユーモアな美容ライフを♬ 1989/9/21 瀬川 耕介

関連

Leave a comment