お客様の言われた事だけでは希望のスタイルにはなりませんのです.

どうも金沢美容師kosukeです。     皆さんも美容室に行った時ありませんか?? 『伝えた通りの髪型になってない』

ガビーーーン!!!


お客様からしたら死活問題ですね。  

美容室でよく聞こえるカウセリング

美容師くん

『どうも~~今日どうします~?』

お客様

『5センチくらい切って、軽くして下さい…。』

これは絶対にリピートしてくれないですね笑

お客様

『新垣結衣ちゃんの髪型にしたいんですけど…』

美容師ちゃん

『分かりましたー可愛くしますね♬』

いやーー不安でしかない笑 何センチ切ってほしいだけだと仕上がりのイメージは殆どのお客様はできてないですよね。 軽くしたいとか、何故軽くしたいのか軽くする必要性があるのか。 お客様の数少ないワードから僕達プロは紐解いていかないとダメなんです。 アシスタントでも自分のなりたいイメージを長さとか軽さとかで説明するなんて不可能なはず。 美容師ちゃんもそう。 新垣結衣ちゃんの髪型を丸々真似なんて顔の形、生えグセ、朝のヘアセット時間など確認しなきゃいけない事は多いはず。 そもそも一般の方は新垣結衣ちゃんが可愛いと思ってそのまま僕らに伝えてくれてるはず。 僕も小栗旬とか木村拓哉になれるなら美容師さんにお願いしたい。

なれんがなっ!!!!!


でも、そこは上手く説明するのも僕らプロのお仕事ですよねっ!!

・新垣結衣ちゃんスタイルのどこらへんが可愛いのか

・毛量を軽くしたい理由は? 

・スタイリング剤は付けるのか

・髪を結ぶ時があるのか

お客様との会話のやり取りで上手く聞いていかないとダメなんです

ウザがられないように、

   

上手く、

   

スマートに、

      それを完璧にできる美容師がカリスマ美容師なのです。  

カットがうまいんじゃない。

カラーがうまいんじゃない。

相手を理解するのがうまいんです。

まぁ僕はカミソリも使えるカミソリ美容師ですがなにか。     では。

kosuke segawa

高校卒業した後、地元石川を離れて、単身神奈川へ。 7年の経験を積んで、ひょんなことから東南アジアのベトナムに。。。サロンオープンをを1年目で成功し、2店舗目も任せてもらう。 約3年の海外経験を経て地元石川でプロフェッショナルでユーモアな美容ライフを♬ 1989/9/21 瀬川 耕介

関連

Leave a comment